ここはNetCommons3で作成されたページです。

ブログ

気になること

Panasonic CF-S10

中古でPanasonic CF-S10を購入した。macでいいんだけど、小回りの利くWindowPCも欲しかったので、安かったこともあり、購入した。SSDに換装されており、6GBにRAMもアップデートされていたので、安く感じたので、購入。

Windows10になっており、起動も早く、とてもよい。

でも、SSDは480GBなので、心もとない。それに調べていたら、RAMも16GBまで認識するようなので、購入して、アップデートした。

すごく快適。

しかも軽いので、持ち運びもしやすい。

12.1インチなので、少し画面は小さいけれど、持ち運びとのトレードオフだからしょうがない。

これから愛でていこう。

0

新幹線と在来線

新幹線を利用した移動はあまり苦にならない。なぜだろうと考えたら、きっと座席の背もたれが大きく、他のお客さんの目が気にならないからではないかと思う。

在来線は対面で座り、立っている人もいるから、人の目が気になる。

やっぱりこの辺がネックなのかなぁ。

0

NetCommons3.3.0の公開

待ちに待ったNetCommonsのニューバージョンが公開された。

重大なセキュリティバグの更新があった模様で、「速やかに」アップデートしてほしいとのことであった。

自分はいつも人柱の気持ちで、早めにアップデートしているのだけれど、今回もアップデートした。

NetCommonsの今後がどうなるかわからないけど、できるだけ使っていきたいと思う。

0

インターネット記事でみつけたもの

CentOSをベースとして、Webベースでサーバ設定ができるLinuxディストリビューションNethServer。

興味を持って検索したら、日経Linuxの2018年3月号に記事があったようだ。調べてみよう。

それを調べている最中に、OSSグループウェアを見つけた。Zimbra

いいのか、わるいのかわからないので、試しにインストールしてみようかと思う。

なかなか使い勝手のあう、OSSのグループウェアって見つからないんだけど、やっぱりそれなりに開発コストがかかるからかな?

 

0

Ubuntu18.04LTSをUSBメモリにインストールした。

ようやくUSBメモリにUbuntuをインストールして、起動させることに成功した。自分で作ったマニュアルを見ながらやったらあっけなくできた。途中の操作を間違って覚えていたらしく、それはそれは大変だった。

それで、USBメモリにインストールしたUbuntuにソフトウェアをインストールする練習にgccコンパイラにxsnow、SuperTuxなどゲームを少し入れてみた。

最近のインストールは楽になっていて、特にコマンドを使わなくても入れられる方法が用意されており、だれでもできそう。

32GBのUSBメモリなので、そこそこソフトウェアを入れられそうなので、必要そうなのは練習がてら、入れてみようかと思う。

以前のエントリーで書いたキングストーンのUSBメモリにも再挑戦してみようかと思う。ネットの評判通りか。

だめならシリコンパワーのUSBメモリがあるので、そちらに入れてみるつもり。

0

CentOS8.0リリース

あまりにもリリースが遅く、心配していたCentOS8が25日にリリースされた。

まだCentOS7を使うけど、少しずつ8へ移行準備をしとかないと、7の時のように困るから。

コマンドもいくつか違うようだし、VMに入れて準備してみよう。

https://www.centos.org/ ここからダウンロードできる。

0

キングストンのUSBメモリ

キングストンのUSBメモリが安かったので、購入していたんだけど、実際に使ってみると残念な感じ。

まあ、その使い方も特殊なのでしょうがないかもしれないけど。

USBメモリにLinuxをインストールして、USBメモリからブートして使いたかったのだけれど、まったく起動しない。

最初何が起きているのかわからず、何回かインストールしなおしていたけど、よくならず、ネット検索すると、どうやらブートさせるのは無理らしい。速度が遅いらしい。

普通のファイル書き込みでもUSB2.0なみに遅いらしいが、普通の書き込みはあまり気にならないけど。

USBブートさせるためにかったので、ちょっと損した感じ。

USB3.0の規格なのに2.0の速度しかでないのは、なぜだ。安いだけあってコントローラがいけないのか。

0

NextCloudのアップデート

NextCloudのアップデートでエラーが出た。

 

「Step 4 is currently in process. Please reload this page later.」と表示されたので検索してみたら、以下のコマンドで直るようだったので、やってみた

$sudo -u apache php occ maintenance:repair

リロードするとアップデートが最初からになって、今度はうまく行った。

0

最近、Linux熱が再燃。

最近デスクトップLinuxを触っていないので、(サーバはコンソールからアップデートしたりはしている)何か触りたいなって感じ。Ubuntuでもfedoraでも何でもいい感じ。

vartual boxで触ってもいいんだけど・・・

USBメモリで動かしたい感じ。Unetbootinでやろうかなぁ。

最近はいいUSBメモリにインストールするソフトウェアがあるので、楽だからいろいろ試したくなっちゃう。

 

0
キャビネット